調査

我々調査兵団は地元の山の中にあると言う鍾乳洞へ向かった(ちなみに調査兵団は自分と友人の2人である)。鍾乳洞へ続く道に面する道路は何度も通ったことがあるのだが、実際に鍾乳洞へ向かっている人を見たことがない。少し傾斜のある山道を額に汗を流しながら登っていく。しばらく歩くと開けた場所に辿り着き、大きく地面が窪んだ場所があった。友人兵が「あれが入り口じゃないか」と声をあげ、そんなバカなと自分ものぞいてみると、石段と手すりが設けられた確かな入り口のようだった。大人一人がしゃがみながらでやっと通れるような幅しかない。我々は思わず息をのみ、しかしここまで来たからには引き返せない、そう確認し合い、奥へ進むのだった。

17_7_15_d3200.jpg



〜完〜



という戯れ。少し中に入ったのですが、中は水がしたたっており、わきの石壁に蜘蛛がいたり奥の方ではコウモリが飛んでいて、これは半袖に短いズボンという格好では心もとないため引き返しました。RPGで主人公が装備を整える気持ちがよくわかりました。これは装備品を整えてから出直すダンジョンでした。また来ます。

7_15_3_t.jpeg 

友人の写真を拝借しました。この画像だけだと神秘的に思えますが、そんな悠長なことは現場では思えませんでした 笑。 蜘蛛が苦手なんや…! 子供の時よりはマシになりましたが、それでも顔にかかる可能性が高いのでそれを考えたら恐怖ですよ。


17_7_15_2_d3200.jpg
人がいないからできる戯れ。こだわるなら台座なしでなんとかすべきでしたね。そこまで頭がまわらなかった。
その後、山の中の温泉に行きました。


夏の温泉を甘く見ていた…。夏の温泉は暑さも蝉の鳴き声も全てがプラスに働く。すぐわきに流れる川や木々を眺めながらの露天風呂は素晴らしい開放感。思い返してみれば夏に温泉って行ったことなかったけれどこれは良いものだ。と言うかここはオールシーズン来たい。ほんとに。


仕事に追われていると、無駄なことが楽しめなくなっていく。休日も好きなことをやると言うよりは、仕事のストレスを発散させるという目的になってしまう。そうなるとなかなか新しいことに手を出しにくい。日常には余裕が必要だ。今の世間一般的な働き方ではその余裕は得られないと思うよ…。
プロを目指してるんだったら今の状況でも時間十分あるじゃんって思うよ。しかしもう自分にはそれだけのエネルギーは残ってないので、わずかに揺らぐモチベーションの炎でそれでも書きたいと言うならば今の仕事しながらではなかなか厳しいと言う話しです。甘えと言う考えは自分を殺すとわかったので、自分で自分を叩くような思考はもうなるべくしたくない。
自分がいつまでもなよなよしているのは誰もが思う幸せを諦められていないからなんだろうけど、だからこそ今があるとも言える。今の生活はそこまで悪いわけではないのだけど、ライフワークバランスってやつがもっと何とかならないものかと言う話しです。特にこの時期は暑さで心が折れそうになる…。夏休みを下さい…。

スポンサーサイト

紫陽花

紫陽花を見てきました。





標高はわからないけど、山頂まで2kmくらいあるし雨も降ってたので登るのに40分くらいはかかったのではないかと。ぜぇぜぇ言って到着しました。その甲斐もあってかなかなか綺麗な眺めでしたね〜。海まで見えました。天気がいいと佐渡島まで見えるそうな。山から水蒸気がもくもく出てて良かった。
紫陽花はやっぱり青系が好きです。

というかiPhoneやっぱ画質いいなぁ…。ある程度接写できるってのがすごい。これで露光調節できたら作画参考の撮影としては完璧だよ。

16_6_26_2 のコピー
また、悶々と方向性について考えている。ぐったりしている時にね、ふと気付くんだよ。「あれ、最近面白いことやってないな…」って。本当に追い続けられるものってなかなかないものですね。
ただ今は本当にお金がないのでとりあえずは働かなければいけない…。世知辛いぜ。これまでは「とりあえず職場や仕事に慣れる」ことを第一としてたので、それ以外は頑張らないようにしてたけど、そろそろ先のことも考えて動きたいなぁと思っている。
4月から始めた月3冊読書は今のところクリアできてるので、これにプラス色々やっていけたらなぁと考えている。

つーか何の抵抗もなく自画像キャラを描けたのは大きな前進である。日記程度に描けたら描こうかなぁこいつ 笑。
野郎一人で外をぶらつくのに自信がないのでキャスケットかぶってカメラ持って「それっぽい人です」アピールしてます。。。

ところで友人の一人が成人向け漫画でデビューしました。課題は山積みのようですが、努力を継続してるんだなぁと…。他の成人向けを描いてる方も順調そうですし。
いつも落書きばかりしていた自分を知る人からすると、今は本当に全く何も描いてないなって思うと思いますけど、おれはおれなりに戦っているのでどうかご勘弁を^^;

旅行

社員旅行に行ってきました。バスの中で酒を飲むとは聞いてたがまさか出発した直後の朝から飲むとは想定外だった…。でも隣が同じ職場の50代の温和な方だったので無理する事なく過ごせたので良かった。その人が焼酎まで飲む酒飲みでカラオケがすごくうまいということは意外だったけど。

山梨県に行ってきて、1日目は少しだけど富士山が見えて良かったが、2日目は雲がかかってて残念だった。でも甲府市を一望でき、さらにバックに富士山の頂上が見える景色はもう一度見たいというくらい良かったな。
訪れた中では忍野八海というところが好きだった。

IMG_0795.jpg

IMG_0797.jpg
富士山の湧き水の池だそう。iPhoneで撮影して何も編集しないでこの綺麗さ。池の底までくっきり見えた。魚の種類はニジマスくらいしか覚えられんかったけど。昔は何とも思わなかったけど最近は生き物に癒される。テレビ番組のダーウィンが来た!も毎週録画してる。飼い猫とか犬とかじゃなくて自然の中で生きる生き物を見てるとしみじみとしてくる。
鳥の種類も覚えたいけど、これからは魚の種類も覚えていけたらなぁ。

IMG_0802.jpg
自分へのお土産。
恐いおっちゃんに本物ですか?と聞いたら、「うちにはニセモンなんて置いちゃあいねェよォ〜↑」と返された。100円だったのだけど、ヤフオクで見たら相場通りって感じ? これが状態や種類によってもっと値段が上がるのかな。小さい頃に親から貰った古い硬貨を少し持ってるけどここまで古いものは初めてだ。いろいろ欲しかったけど他の社員の方もいて恥ずかしかったので今度またどこかで古銭を発見したら見たいな。
男性だったら小さい頃、メダルとか硬貨とか好きだった気持ちわかりませんかね。

あと富士山の写真集が欲しかったけど見かけた2カ所とも売り切れててAmazonで買うことにした。届いたら多分また記事にする。

まぁ行って良かったなとは思う。自分で計画立てなくてもどこか行けるってのは組織の利点だと思う。一人ではまず旅行しようとか思わないからな。

カモ

阿賀野市の瓢湖に行ってカモを撮ってきました。

DSC_0908.jpg

DSC_0907m.jpg

DSC_0914m.jpg

DSC_0910m.jpg

DSC_0918m.jpg

DSC_0929 のコピー 2

DSC_0929 のコピー 3m

DSC_0912m.jpg

DSC_0924.jpg

オナガガモ、ホシハジロ、マガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、コガモ(写真にはおそらくいない)……など単にカモと言ってもいろいろいるんだな。メスは見分けるのが難しい。エヴァンゲリオンのサキエルを思わせる黒い鳥は何と言う鳥なんだろ。何となくバンっぽいなと思って検索したらどうやらオオバンというらしい。
鳶が飛んでるはるか上空を飛行機がかける情景がカッコ良かったです。

DSC_0927.jpg
向こうに鵜らしき集団。威圧感がある…。

写真よりも第一の目的は母の誕生日にスイーツ系でも買ってやろうかと気まぐれに近くの店に来たけど定休日だったのだ。

DSC_0931.jpg
なので持ってる材料で家のネコの写真を印刷してあげた。


今日は忘れてたけどそろそろタイヤ交換しなきゃな。散髪も行かなきゃなぁ。

道の先

昨日は久しぶりに友人と飲んだ。仕事あがりに友達と飲むの初めて…か?
ビールがうまかった(* ´ ▽ ` *)

IMG_0735m.jpg
今考えたタイトル 道の先
今はiPhoneで綺麗な写真が撮れるよなぁ。

DSC_0877m.jpg
前に撮ったやつ。こっちはデジイチ。思い切って彩度を高めてみた。

写真ってやはり大きい方が迫力が出るのでワイド1000pxで載せてみた。大きく載せたい時はどのくらいのサイズが丁度良いのだろう。このPCは27インチだから感覚がよくわからない。ノートPCはwindowsXPだからな^^;
もはや一時エロゲやる時にしか使わなかったしエロゲももうやってない。

ss2016228.png
ぼんやりと漫画のネタが浮かんでるけどちゃんと形にできるかはわからん。冷静に浅く自分の過去に踏み込むネタだから形にできたらしたいところだけど。まぁ少なくとも無理しては書かないし、すぐにはできない。
コミティア用にでもと思ったけど、土日休みじゃないから当日のことがわからない。月曜出勤、土曜出勤の憂鬱はないけど予定が立てられないのが4勤2休の欠点。

おれは書き手の絵柄とストーリーは雰囲気が一致するものだと思ってるけど、絵柄として陰影描写に気をつかいたいと思ってるなら、ストーリーに関しても明るい部分と暗い部分が際立つものが書きたいのではと、逆説的な分析をしてみる。今までは明るい話しなら明るく、暗い話しは暗くって感じだったけど、これからは同時に混在するような書き方についても考慮してみたい。