2015年振り返り

スマイルブロッサムカラーm のコピー
今年の振り返りでもやろうかと思ってたけど、特に語りたいことがないのでまぁいいやという感じになってる。最近はのんびりしてるけど、今年もそれなりに頑張ったわけだし、自分にお疲れさまと言ってもいいだろう。

迷いながらも、ここ数ヶ月で一つの指針のようなものができたのは大きな収穫。それがこの先の救いになることを祈ってはいるが。
帰郷してからこれまでは目標立てて何かをする気力がなかったが、生活する以上は金が必要なのでとりあえずという感覚で働いていた。なので最近になって見つけたものは、ここ数年探していて、かつ、精神状態が回復するのを待っていた側面もあるので、「ようやくこれから動けるな」という感覚なのである。怪我や病気が治った後ほど楽しい瞬間ってないだろう(ง ˘ω˘ )ว
そうは言っても結局金はたまってないので、本当にこれからだ。家族の宝くじも当たらなかったようだし、地道に頑張らねばな。

自分の性格に関して「楽しいことだけやってると不安になる」という思いがあるから真面目に思われるのだろうけど、しかし「楽しいことをより楽しむために楽しくないことをやる」という行為もまた楽しいものだと最近感じてきたので、つまり真面目に捉えられるかもしれないがこれはこれで楽しいのである。
博学の人から見たらおれが最近やってるようなことはままごとの様に見えるんだろうなとも思ってるが、それにしたって以前より視野が広まるという感覚は気持ちがいいものだとわかってきた。

20代前半は物事に対して「これはこういうものだ」と一言で言えるような絶対的な答えを求めたがっていた気がする。そんなことをtwitterでつぶやいたらある方が「人間とは矛盾の生き物だ」というエアリプをしてくれたのを覚えてるんだけど、一側面だけでなく多角的に物事を見れるようになると生き辛さというものは減ってくるんじゃないかと思う。
あれだ、バンプのカルマの歌詞の「知らなきゃいけないことはどうやら1と0の間」ってやつだw
バンプの魅力については置いといて、物事について主観で決めつけてばかりいるから生きる世界が狭く感じられて生き辛くなっていくのではないかと。また自分では熟考したつもりでも、必要な情報が揃ってなければそれは真面目に考えたとは言えないのかもしれない。こういうことを考えていると、これからの自分に必要なことは「調べる」という行為を習慣化させることに思う。


語りたいことはないと言いつつって感じだな。人生がうまくいかないという事ほど楽しいことはないんじゃないかと最近思えてきたよw
物事を悲劇と捉えるか喜劇と捉えるかは本人次第だね。

ちなみに昨日、飲み会に行く前に駅で偶然にも前の前の会社の人から声をかけられて、全く顔も名前も思い出せなくて、思い出したふりをしたはいいものの結局思い出したのは別れた後だった(会社ではマスクして帽子かぶってて、しかも別な班だったし、おれについては漫画のことも公にしてたので印象が強かったのかも)。以前だったらこのことについて落ち込んだだろうけど、「こいつ絶対俺のこと忘れてるな」と相手は思ってるだろうと考える事で不思議と落ち着く。
現場仕事の経験から、「考えてることって結構ばれるんだな」ってわかってから不思議と前より気持ちを落ちつけることができるようになった気がする。矛盾してるようでうまく説明できないけど。結果的には会社に迷惑をかける形になってしまったけど、自分と正反対の人間と付き合うことで得られるものはすごく大きいと実感した。そこが組織で働く事のメリットでもあると思う。しかし昼飯なんて車の中で二人で食べるんだよ。そのくらい一人の時間がなかった。


話しが逸れた気がするけどよいお年を_(:3」∠)_
スポンサーサイト

有馬記念

ついに雪が降った。これから寒くなるなぁ〜 ||窓||ω・`)

昨日はネットで有馬記念の馬券を買って楽しんでた。結果は惨敗だったけど、テレビで中継見てる時はドキドキして面白かった。ゴールドシップという馬、引退試合らしいしあれで先頭まで追い上げてたら湧いただろうな。
アメトークの競馬芸人の影響だけど、他に興味が出たのはPerfume芸人。Perfumeは聞いたら好きになりそうだなってくらいの認識だったんだけど、ライブ演出がすごいみたいでそこに興味がある。そのうちDVDで見たい。

読んだ短編
川端康成「伊豆の踊子」

見た映画
ザ・マジックアワー
ハムレット(4時間!)
007スカイフォール(今月の金曜ロードショーでやってたんだね)

今まで聞いたことはあるけど手を付けてなかったものをなるべく優先して見ておきたい。ただ、今まではとにかく「数を見よう」という作戦だったけど、例えば10作見るんだったら、5作見た後に5作分の時間を見たものについて調べる作業にあてた方がよっぽど得られるものが大きいと思う。なので注意すべきは急いで理解をすっ飛ばそうとしないことか。


こうしていろいろな事について調べる作業ばかりしてると、今人生の中ですごく贅沢な時間を過ごしてるなって感じる。学生の時でさえこんなに真面目に調べごとしたことないのに。
ただ贅沢な時間ってのは続かないもので、きっとそのうちまた荒波がやってくる。絶対やってくる 笑。今のうちに贅沢を満喫しておこう_(:3」∠)_

舞姫

IMG_0600.jpg
中古で100円だったので読んだ。結局1週間かかった。いつ受けるか決めてないけど、受けるんだったら今からできることは色名などを覚えることで、細かいところは近くなったら最新の本を買って暗記するという形でなんとかなりそう。


昨日の夜は風呂上がったら腹痛になり、ストーブの前で体を温めてたら眠くなり布団で寝てしまい、中途半端な時間に目が覚めたら胃液が逆流したのか気持ち悪くなり胃薬を飲み、しばらくしてからまた寝た。最近、風呂上がりに腹痛になる率が半端ない。寒くなってきたから温度差とか関係ありそうだけど今まではそんなことなかったし、体力が落ちてるせいかなぁ。クリスマスの絵でも描こうかと思ったけど、全然アイデアが浮かばなかったので来年描けたらいいなぁと思うことにする。

森鴎外の「舞姫」を読もうかと思ったけど、文章が難しくて読めなかった。調べてたら
森鴎外 舞姫 プロローグ
こちらのサイトがすごくわかりやすかった。この設定の女の子との掛け合いがどこかで感じたような…と思ったら先月読んだ本の方だった。すごくわかりやすいので文学解説の本を買おうと思ったけどやはり書店にないんだな〜。そのうちネットかな。
この出口さんと教授の話しも面白い。「自分に近い作家の研究なんて誰にでもできる」とはなるほど確かにその通りだ…! また「私が最も愛した作家の一人が太宰治だが、鷗外は一見、彼とは正反対のタイプの作家に思える。でも、太宰は「小説家は、聖書と鷗外全集があれば充分だ」というようなことをいっている。」ここも興味深い。おれは文学知らないけどそれでも挫折感MAXの時に太宰治の「斜陽」を読んだら涙が止まらなかったから、太宰治には興味がある。
森鴎外と森博嗣の区別がつかなかったレベルに文学に興味なかったわけだけど、こうやって真面目に調べてみると面白いものだ。

いろいろ調べてると多くのことを面倒に感じて後回しにしてきたんだなと感じる。あらゆる物を押し入れの中に放り込んできたために、未処理の物が大量に溜まってて、どーすんだコレ…ってイメージ。でも今はそれを処理していくのがすごく楽しい。時間のあるうちに整理を進めたい。

IMG_0599.png
久しぶりにデレステ。このイラストがエロい。

こころ

面接に行ってきた。社長という人種は目がギラギラしてて、こちらの心の全てが見透かされているようでどうも苦手だ。自分の過去は後ろ暗い心ばかりだから、鋭い質問が来た時には何とかやんわりとした表現に変換するだけで精一杯なのよね。最後に「人と話すのは嫌い?」と問われた。その言葉はしばらく頭の中から削ぎ落とす事ができずに片隅にこびりついたままである。


先月から今月にかけて適当に本を読んでたけど、これからは少し目的を持って進めていこうかと思い、とりあえず怠惰にして未読だった有名文学作品や映画などを調べていこうかと思案している。
夏目漱石「こころ」読了。
映画「ティファニーで朝食を」鑑賞。

「CUBE」という映画が面白かった。例えばSAWとかこういうジャンルの名前ってあったっけか。「仕掛けの謎」と「人間心理」の両方の面で楽しめる映画だと思う。90分で見やすい。おれはグロ好きではないけど、残虐な罠というものに興味がないわけではない。
話しが飛ぶけど遊戯王の海馬ランド編もパニックものっぽい? 遊戯王はデスマッチも多いし、子供の頃はカードゲームの面ばかり見ていたけど、よく考えてみるとワクワクする要素がいっぱいある気がする。
(おれは遊戯王に関しては初代しか知らないので話しをする時は初代の話し)

ノルウェイの森 ネタバレなし

IMG_0594.jpg
昨日今日で何とか読むことができた。
村上作品は初めて読む上に予備知識もなかったので、このノルウェイの森が恋愛小説だと言うことを読んで初めて知ったくらい。今まで村上作品を読まなかったのは「オシャレな感じで、俗物的なオタクには合わない」というぼんやりとした偏見を持ってたせいかもしれない。
結果、その偏見はあながち外れてはいないと思うんだけど、それでもすごく読みやすくて(専門的な知識は別として)、それにところどころ笑えたりもする。感じたことはとにかく描写が細かい。漫画のコマにしたらどれだけあっても足りないんじゃないかというくらい、衣、食、住、5感、色、あらゆるイメージが湧いてくる。人物にもリアリティがあって、好きなシーンもあった。なので、総合的に見たら面白かったです。


ただこう…小説読んでて苦手なのは人物の容姿をイメージすること。
人の顔見れない人間だからな…(´・_・`)
作中で「グレートギャツビー」の小説がきっかけで仲良くなる人物がいるのだけど、見た事ないけど「華麗なるギャツビー」の俳優がディカプリオだったな〜ということで、以降そいつの顔がディカプリオで再生されるというくらいおれのイメージは安直なものなのだ。
本って内容がイメージできるかどうかが重要だということがこの歳になってようやくわかってきたよ…。小説を楽しく読むためにもいっぱい本を読みたいなぁ_(:3」∠)_

雑誌

IMG_0591.jpg
読んだ本。雑誌内にエジプトに関する記事があってそっちの方が気になった。そういえばエジプト神話と言えば遊戯王だよな。よくわからんけど、例えばイスラム建築とか幾何学っぽいし、考えてみると遊戯の髪型が既に幾何学的だし…、作者さんが何でエジプトを舞台にしたのか少し気になる。おれはそういうのまるで調べてこなかったからなぁ。大学の漫研に入ったときに封神演義の話しをしたら中国史好きな先輩に中国のこととか興味出た?みたいなこと聞かれて「特に…」と答えたら残念そうに「そう…」って言われたの未だに覚えてる 笑。

今年の漢字が発表されたみたいですね。年末年始に今回は振り返りと目標なんぞをまとめられたらなぁと思う。


ん〜仕事決まらないのにこんなことばかりつぶやいてていいのかと思うけど、一応行動はしてるわけだからこれでいいのだ。
_(:3」∠)_

お絵描き

15_12_14.jpg
外国の写真を見てインスピレーションが湧いた。自分にしては珍しくカラフルだけど、カラフルな絵も好きなんだよな〜描いてないだけで。金髪碧眼を描いたのは昨日、録画してた「思い出のマーニー」を見たせいかもしれん。

15_12_5_2 のコピー
ペイズリー柄のペイズリーとグリズリーの韻をふんだだけ。実物のグリズリーの画像を見ながら描いたけど、この描き方は微細な色を細かく見分ける訓練になるかも。


描いてて思ったけど、カラー絵のうまい人って素人が1色に見えるところが5色にも10色にも見えてるんじゃないかと。歴史上の画家の記事を読んでると共通することがあって、それはどの人物も「光」に興味を持っていたこと。光は色の根源だから、まず光について興味を持つことが着色の上達に繋がるんじゃないかと最近思ってる。

今日はふたご座流星群だけど残念ながら新潟では見れず。無念。
求人に書類応募したけど連絡が来ない。疑念。

(ง ˘ω˘ )ว

料金

IMG_0587.jpg
読んだ本。

1、2ヶ月放置してたアニメやアメトークなどを見ていた。

スマホのMVNOやワイモバイルなど調べてたけど、料金が気になるとするとau、ドコモ、ソフトバンク以外を考えた方がいいのかなぁ(ワイモバイルはあまり機種が選べないっぽい)。通信量も我慢しようと思えばできなくはないだろうし。お金の計算とか嫌いだからあんまりしたくないけど、それにしても高いんだよなスマホ、iPhoneってやつは。あと2〜3ヶ月でiPhone5sに変えてから2年経つから考えた方がいいのかなぁ_(:3」∠)_
mineoと言うMVNOとかどうだろうと思ったけど5sではiOSが古くないと使えないみたいで断念するしかなさそう。毎回考えては面倒くさい、金稼ぐしかねぇのかーという結論になってしまう。うーむ。

海月

IMG_0586.jpg
読んだ本。くらげではないです。中古で各100円。漫画の単行本くらいのサイズでかわいい。状態がいいから最近の本かと思いきや15年前の本だった。普遍的なテーマでシンプルな表現だと時代を感じにくいのだろうか。
本に載ってた誕生日の月齢で占うものをやってみたら上弦の月になって「負けず嫌いで、戦うことによって運命を勝ちとる人生を望みます」とあった。まぁ戦ってない人間はいないさ。

あまり豪快にお金をつかうわけにもいかないので、最近は中古の安い本を探して読んでるけど、それはそれで偶然性があって面白いものだ。

15_12_11 のコピー
お絵描き。「白鳥 ひな」で画像検索するとほっこり(^ ^)
子供の頃「みにくいアヒルの子」が好きだったなー。

旅写真

IMG_0585.jpg
今日読んだ写真集。
プロのカメラマンではなく、他業界で働いてた人が仕事を辞めて旅に出て撮影した写真集。写真の半分くらいは人物で、その上笑っている人も多いので著者は人当たりがいい方なんだろうと推測できる。また、プロというわけではないので一枚一枚の写真に魅入ってしまうということはあまりないのだが、それだけに気軽をページをめくることができて、全体を通して見ると楽しんで旅をしてたことが伝わる。それだけ伝わればこの写真集としては成功したと言えるのだろう。

希望としては30代は目の前の仕事に熱中していたいから、財力と仕事に余裕が出てきた40歳くらいに海外旅行とか行けないだろうか。そんな先のことなんてわからんけど、将来的に行きたいと思っていれば外国への興味も湧くかもね。今は貧乏無職だがな((⊂(^ω^)⊃))
でもおれの父方のばあちゃんなんて80歳過ぎてからタイやトルコとか行ってるからな。お土産に買ってきてくれた、象形文字でおれの名前が書かれたTシャツを今もパジャマにして着ている。


溜まってた終物語を見ていたら羽川さんから名言を頂きました。
「あなたが幸せになれないのはあなたが幸せになろうとしていないからだよ。幸せになろうとしない人を幸せにすることは誰にもできない」
老倉パート何か物足りなさを感じてたけど、よく考えたら怪異は前半の謎解きだけで後半は普通の謎解きヒューマンドラマっぽくなっていたからかな。三角形の家具とかいいね!と思ったけど、他あんまり数学も絡んでない気がするし。前半でシュレーディンガー風の終わり方とかしてたし、ちょっと前半でそっち方面の期待をさせすぎた感が。もう少し面倒くさ可愛い老倉を求めていたのだけどラスト付近は重い感じだったなぁうーむ。もっとも登場キャラクターの家庭崩壊は今更だな。

続・女神

ことりヘラ のコピー
力尽きたのでこれで完成ということで^^;
本当はあと孔雀と百合の花を描くつもりだった。

IMG_0584.jpg
昨日今日と読んだ本。宝石よりはその元となる結晶の鉱物がメインだった。宝石に関しては画像検索した方が綺麗なものが見れるね。あまりに綺麗なので上のイラストの王笏の宝石を描き直した。ブラックオパールという宝石が欲しい。


以下、描くつもりだったが断念したラブライブとギリシャローマ神話のオリュンポス12神の設定。考えてみると意外と共通事項が多くて、ラブライブのμ'sの語源は音楽を司る9人の女神達(Muses)が元ネタと劇中でも言ってるし、結構神話の設定を活かしてるのかな。

続きを読む

印象派

IMG_0583.jpg
今週読んだ本。

印象派の本は、主にモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホがメインでした。
「絵画は、愛らしく、喜びに満ちていて、きれいでなくてはならない。そう、きれいなものでなくては!人生には不愉快なことが多すぎる。もう付け加える必要がないほどに」雑誌から抜粋。こう言ってルノワールは裸の女性をたくさん描いてる。女の子も描いてるし現代日本の萌え文化に一番近いのはルノワールか…?
ゴッホは画家になろうと決めたのが27歳で、いろいろあって病んで自分の耳を切り落として37歳で銃で自殺したらしい。ただ記事を読むと作品の品質の劣化が少ないことから冷静な面もあったのではと言っている。最終的に病んで自殺したのなら悲しいし、やりきったという思いだったのなら讃えたいし、その辺も興味深い。
セザンヌもモネもまたそれぞれ違う意味で面白い。この雑誌に印象派の人物の相関図が載ってるんだけど、例えばこの4人だとモネ、ルノワール、セザンヌ、は歳が1か2しか違わないし、お互いに刺激し合いながら分野を開拓する様子は日本の漫画家のトキワ荘を思い起こさせるようで楽しそうに感じるし、どの人物を追っても得るものがありそうでいずれ調べてみたい。

建築の本を読んだら新潟のアオーレ長岡という建築物が載っていた。市役所や市議会議場でありながら住民の憩いの場であるそう。そういえば長岡は車で通ったことはあっても歩いたことはないなぁ。


明日からまた仕事探そ…(´・ω・)
ラーメン屋のおやじさんに言われた通りに、大事なものを絞って行動しよ。一番必要なもの以外は今は諦めよう。

ラーメン屋のおやじ

15_12_5 のコピー
昨日、友人が隣県の馴染みのラーメン屋に行くと言うのでホイホイとついて行ったら、何故かおれまで人生相談に巻き込まれて面白かった 笑。絵は印象。タオル巻いてなかったような気もするが巻いててもおかしくはない。

友人が大学時代によく行ってた店らしく、辛みそラーメンを美味しく食べ終えた後、店にはおれと友人と店主のおやじの3人しかいなかった。友人は転職模索期間でそのことをおやじと話してたら、おれまで話しに巻き込まれて何故か初めて会うラーメン屋のおやじから人生のいろは的なことを教わることに。

話しの肝所だけ挙げると、「大体の人間は難しく考えすぎ。もっと単純に考えるといい」ということ。「世間体がどうのこうの、生活がどうのこうのって言ってるのはそれは単にやりたくないだけ」など。ただ、こういう生き方が一番良いと提案することはなく、「他の人にとってはつまらないと思われることをコツコツとできるのも、それも才能」、「職業に優劣はない。人に必要とされているからその職業がある。チンピラ以外はな」とも言っていた。

話し振りから人と話すことが好きなんだろうなぁと感じられました。堅い話題としては「眼横鼻直」という話しが面白かったですし、ゆるい話題としては「俺はおっぱいが一番好きなんだけど、おっぱい、お尻、顔、性格…、全てを望むことはできないから、どこかを切り捨てなければいけない、だったら俺はおっぱい以外を切り捨てる」など、レパートリーの豊富さも窺えました 笑。

初対面なので具体的ではなく割とありふれたことも話してたのですが、一応漫画の世界を見てきたおれにとってはこの人は噓言ってないな〜と言葉少なくうんうん頷いてました。タバコの灰が落ちるのを気にしないほどに熱心に話して頂けました(もとからアバウトなのかもしれないが)。年をとると自分に対してアドバイスしてくれる人は減ってくるので、こういう機会は貴重ですね。漫画の中のラーメン屋にいるみたいで面白かったです 笑。


結構話してもらったので以下にメモしときます。

続きを読む

女神

15_12_3_ss.png
久しぶりにお絵描き。本を読んでると自分がパワーアップした気になって、絵も上達してるんじゃないかという気さえしてくるのだが実際はまだまだ下手…orz
ギリシャ神話のオリュンポス12神はラブライブのメンバーに例えたら覚えやすそうだということに気付いて実験的に絵を描くことにした。実際の絵画を参考にして描いているので習作です。完成版はいつになるか未定です。

商業漫画を書く上では「差別化」というものが重要だったけれど、今はそういうことは考えずに世の中に対する知見を広げて、勉強したり感心したことを表したりってことをなるべく単純に行っていきたい_(:3」∠)_
こんなこと言いながら描いてるのはエロい絵ですけど。いえ、エロい絵を描きたかったわけじゃなくて、絵画にエロい絵が多いのが悪いんです。絵画のせいです。ええ、そうですとも。
近代までは男主体の社会だったので男の欲望丸出しなんですね。その話についてはまた別な日に…。


スノータイヤに変えたから昨日洗車場に洗車兼空気入れに行ってきた。空気入れたら全然違う!タイヤは空気減ってるとあまり気付かないけど空気入れた直後はすごく気持ちいいよね。空気圧の機械ちゃんと使えるか不安だったけどすごい単純な操作だった。

古代文明

IMG_0579.jpg
読み応えがあって数日かかったけど面白かった。内容は神話を軸にして彫刻や建築や絵画などを紹介する感じだった。詳しくなるまでいかなくとも、神様の名前を聞いたときに、それが何の神話でどんな性質の神様なのかくらいはわかるようになりたいなぁ。

テルマエロマエのヤマザキマリさんも4ページにわたって、自身の漫画の時代設定について語られていました。古代ローマ帝国の「ハドリアヌス帝」という皇帝の時代を選んでいるようなのですが、大胆な設定でありながら慎重に時代背景を考えていて、マクロとミクロな視点を併せ持っていることを感じて見習いたいと思いました。

去年だったかレオナルドダヴィンチに関する本を読んで、芸術分野はルネサンス期に発展したのだと思ってたけど、ルネサンスとは再生の意味で、古代ローマ、ギリシャで盛んだった芸術を復活させようという意味だったのですね。多分学校で習ったと思うけど全然覚えてないや…^^; ダヴィンチはキリスト教の絵を描いてたからなぁ。
そういえばアルキメデスも古代ギリシャの人間だったもんな。今回この雑誌を読んで想像以上に古代文明の技術レベルが高かったことがわかって面白かった。



最近、著名な方の訃報が続きますね…。変わらないように思える毎日でも確実に時間は進んでいるだなぁと、こういう時ばかりは思わざるを得ないです。周りの人達もいずれ死ぬのだから、その時に後悔しないように動きたいですね。

いやしかし、それにしても金がない…(´・_・`)
よく考えたら仮にこのまま無職だと、趣味に出費しないとしてもあと半年持たないことに気がついた。いつの間にか仕事辞めてからだいぶ経ってるし…。早く働かねばなぁ…_(:□ 」∠)_

ところで (ง ˘ω˘ )ว こんな感じの踊る系の顔文字は最近流行ってるのでしょうか。すげー好き。