新潟コミティアお疲れさまでした

想定してたより売れました!
時間帯によってお客さんが途切れると思ってたのですけど、最後の方の時間を除いてちょくちょくとお客さんがいらっしゃって読んだり購入して下さいました。たまにスッとやってきて購入してスッと去っていかれる方は見本誌を見たのでしょうか。
帰宅してから売り上げ金の100円玉を並べて、これだけの人が買って下さったんだなと思うと何だか不思議な気分になってきます(後であげようと思ってたが1冊は友人が買いに来てくれた)。
金額的には余裕で赤字なんですけど、すごく嬉しかった。

DSC_0855.jpg

DSC_0858.jpg

会場に届いていた本を開封するワクワク感!結構綺麗に印刷されてて良かった!あとちゃんと本になると、「ちゃんとしてる!!」っていう感じ? 笑
今回は印刷会社さんのベーシック印刷というオプションを頼んで、表紙はOKプリンス180kg、本文は上質90kg(70kgと値段が一緒だった)でした。
注意点としては、表紙のベタで指の跡がつきやすい(・・;)
ほんの少しでも汚れると申し訳ないので3冊ほど自主的にはねていました。次からは対策の必要性を感じました。今回表紙をモノクロにしたのは、単純にカラーまでやると大変そうだったからです!
始めから完璧を目指そうとして疲れてしまうのが今までの悪い癖なので、これからはまったりと自分のペースでステップアップしていきたいという気持ちの表れです。

客層としては、男性客女性客は半々くらいの印象です。可愛い女の子は描きたいですけど、女性の方にも読んで欲しいと常々思っているので、この結果にはうまくやれてるのかなと思います。行く前は描いてるのがこんな野郎で引かれないかなと若干ビクビクしてたところもありましたし、椅子に座ってるとお客さんからは胸毛がチラリズムして見えてるだろと思って始めは気にしてたんですけど、結構お客さんが来てくれておかげ様でそれも気にならなくなりましたね…^^;


自分の漫画を目の前で読んだり買ってもらえると、頑張って良かった!と思えます。読んでもらえたけど購入に繋がらなかった時は、「くそぅ次は満足させてやる…!」と心の中で思ったり。実は自信のない人ほど同人活動って向いてるのだろうか?

改めて今回、サークル「六分の一面」に立ち寄って下さった方、購入して下さった方に感謝します。ありがとうございました。



あともう一つ考えてることがありますがそれはまた後日にします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント