印象派

IMG_0583.jpg
今週読んだ本。

印象派の本は、主にモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホがメインでした。
「絵画は、愛らしく、喜びに満ちていて、きれいでなくてはならない。そう、きれいなものでなくては!人生には不愉快なことが多すぎる。もう付け加える必要がないほどに」雑誌から抜粋。こう言ってルノワールは裸の女性をたくさん描いてる。女の子も描いてるし現代日本の萌え文化に一番近いのはルノワールか…?
ゴッホは画家になろうと決めたのが27歳で、いろいろあって病んで自分の耳を切り落として37歳で銃で自殺したらしい。ただ記事を読むと作品の品質の劣化が少ないことから冷静な面もあったのではと言っている。最終的に病んで自殺したのなら悲しいし、やりきったという思いだったのなら讃えたいし、その辺も興味深い。
セザンヌもモネもまたそれぞれ違う意味で面白い。この雑誌に印象派の人物の相関図が載ってるんだけど、例えばこの4人だとモネ、ルノワール、セザンヌ、は歳が1か2しか違わないし、お互いに刺激し合いながら分野を開拓する様子は日本の漫画家のトキワ荘を思い起こさせるようで楽しそうに感じるし、どの人物を追っても得るものがありそうでいずれ調べてみたい。

建築の本を読んだら新潟のアオーレ長岡という建築物が載っていた。市役所や市議会議場でありながら住民の憩いの場であるそう。そういえば長岡は車で通ったことはあっても歩いたことはないなぁ。


明日からまた仕事探そ…(´・ω・)
ラーメン屋のおやじさんに言われた通りに、大事なものを絞って行動しよ。一番必要なもの以外は今は諦めよう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント